心臓や肺の感染症!?フィラリアのおすすめ対策法

犬がかかりやすい病気はいくつかありますが、そのうちの1つがフィラリア症(犬糸状虫症)です。
細いそうめんのような糸状虫が原因で発症します。
感染を媒介するのは蚊です。
すでに感染している犬を吸血してフィラリアの幼虫を取り込んだ蚊に刺されると、その幼虫が体内に侵入します。
侵入してしばらくは犬の体調に変化はありません。
しかし、幼虫が成長して潜り込んでいた皮膚の下などから肺や心臓に移動して棲み着くようになると、しだいに症状が現れはじめます。

最初に気づく症状としては、苦しそうな呼吸をする、咳をするようになる、元気をなくし運動嫌いになるといったものです。
進行すると、腹水(お腹に水が溜まる)、急激に痩せるといった状態が見られるようになり、最悪の場合は死に至ります。
また、こういった症状が出ることなく、急に赤い尿をしてしばらくして亡くなるケースも稀に起こります。

これまで活発にしていた犬が苦しそうな呼吸や乾いた咳をしはじめたり、急に運動嫌いになったりしたときは、速やかに獣医師を受診することが必要です。
早期に治療を開始できれば治る可能性も上がります。
しかし、ある程度進行してしまうと治療法がなく、対症療法を行うしかありません。
そのため、フィラリア症はしっかりと予防をすることが望ましいのです。

最大の予防は蚊に吸血させないことです。
しかし、蚊はどこにでもいますので、現実的には難しいでしょう。
そこで、予防薬を定期的に投与することがおすすめです。
予防薬を投与しておくと、蚊に刺されて幼虫が体内に侵入しても、成虫になる前に効果を発揮して駆虫することができます。
予防薬には、犬の後頭部などに滴下して皮膚に浸透させるタイプや飲ませるタイプなどがありますので、使いやすい方を購入すると良いでしょう。
かかりつけの動物病院でも購入できますが、インターネット通販で購入することも可能です。

インターネット通販では、海外製品の輸入品のみ販売しています。
動物病院で購入できる国内生産の予防薬に比べて非常に安価なのが大きなメリットでしょう。
ただし、粗悪品や偽物を買わされないように信頼できる実績のあるサイトで購入することが必要です。

なお、すでにフィラリアに感染している犬に予防薬を投与すると、重篤な反応を起こすことがあります。
そのため、投与前に検査して感染していないかを確かめることが必要です。
また、コリ―種はフィラリア予防薬で副作用を起こしやすいといわれているため、投与は慎重に行う必要があります。
初めて予防薬を使用するときは、信頼できる獣医師に相談すると良いでしょう。