犬の歯磨きにはガーゼが良い!

犬にも歯磨きが必要です。
犬は比較的虫歯にはなりにくい動物ですが、口内や歯を清潔に保たなければ、ひどい口臭がしたり歯石や歯垢が溜まって歯周病になったりといったトラブルのリスクが高まります。

犬が歯周病になると、口臭や歯茎の炎症だけではすみません。
進行すると歯ぐきから出血したり、歯がぐらついて抜けたりするといった症状が起こり、食欲不振を招きます。
重症化すると、鼻や目の周りにも炎症や出血、膿などさまざまな症状が起こるでしょう。
歯周病になると治療に時間もお金もかかりますので、しっかり予防することが大切です。

歯周病は、歯垢や歯石がたまって細菌が繁殖することで起こります。
そのため、予防するためには毎日歯を磨くことが大切です。
歯磨きは子犬のうちから始めましょう。
すでに成犬になっている場合も、これまで歯を磨いてこなかったのであれば今からでも慣れさせることが大切です。

しかし、いきなり犬用の歯ブラシを口に入れると、何がなんだかわからず怖がったり嫌がったりするでしょう。
そのため、まずは口の周りを触って慣れさせることから始めます。
少しだけ触れて嫌がるそぶりを見せたらすぐにやめましょう。
触った後には、たくさん褒めたり少量のおやつを与えたりして、少しずつ口を触られることに慣れさせていきます。
口の周りを触られることに慣れてきたら、今度は唇をめくってみましょう。
これも少しずつ慣れさせていきます。

唇をめくられることに犬が慣れたら、今度は歯ブラシを歯にあててみましょう。
少しずつ歯をあてる時間を長くして、徐々に慣れさせていきます。

どうしても歯ブラシを警戒する場合は、不織布やガーゼを使うと受け入れやすいでしょう。
適当な大きさにカットして濡らした不織布やガーゼを指に2~3回巻きつけ、犬の歯に当て、そっとこすります。
最初からごしごしこすらず、動作に慣れさせることを目指しましょう。

嫌がらずに歯を触らせてくれるようになったら、本格的に歯を磨いていきます。
磨くときは、力を入れないように注意して、優しくそっと表面をこするようにすると受け入れやすいでしょう。
また、1度にすべての歯を磨こうと意気込む必要はありません。
今回は犬歯、次は横の歯というように少しずつ磨いていくのでも良いでしょう。
愛犬に、歯磨きに対する苦手意識を持たせないことが大切です。
ガーゼや不織布に慣れたら、歯ブラシに変えてみてもすんなり磨かせてくれることもあります。