犬の爪は定期的にチェックしよう!

犬のお手入れの中で見落とされがちなのが爪のお手入れです。
毎日散歩で歩き回って削れるから、切る必要はないと思う人もいるかもしれません。
しかし、すぽっととれることのある猫とは違い犬の爪は伸び続けます。
そのため、定期的なお手入れが必要です。

たくさん散歩をしているなら、確かにある程度削れるでしょう。
しかし、すべての爪が綺麗に減るわけではありません。
定期的にチェックして必要に応じて切るようにしましょう。

爪が長いと肉球がうまく地面に接触できません。
肉球は、歩く時の衝撃を和らげたり滑り止めになったりと大切な役割を果たす部分です。
うまく接地できなければ、スムーズに歩けなかったり滑って転んだりするリスクが高まるのです。
また、長すぎるとひっかかって根元から折れるといった怪我をすることもあります。
さらに、伸びた先端は丸くなって内側に巻き込みますので、柔らかな肉球に刺さって傷つけることもあるのです。
そのため、こまめなカットが必要です。

犬の爪切りの頻度は月に1回が目安です。
ただし、伸びる早さには個体差がありますので最初はこまめにチェックすると良いでしょう。
そのうち、最適なペースがつかめるようになります。
なお、フローリングを歩いているときにカツカツ当たる音がするのであればそれは伸びすぎです。
カットしましょう。

カットするときは、人間用のものではなく犬用の爪切りを用意しましょう。
厚みがあるために人間用のものではうまく切れないことが多いです。
ただし、小型犬で爪が小さいのであれば人間用の物でも使えることがありあます。

犬の爪切りには、ハサミタイプのほかにギロチンタイプと呼ばれるものがあります。
ハサミタイプよりギロチンタイプのほうが使いやすいですが、肝心なのはよく切れるものを選ぶことです。
安価で切れ味の悪いものを選ぶと、爪が割れたり痛かったりして犬が嫌がる元となります。
暴れると怪我をする可能性もあり危険です。
少々高価でもスパッと切れるものを選んだ方が良いでしょう。

爪切りのコツは、一度で伸びた部分を切ろうとせずに少しずつ角度を変えて先端を切り落としていくことです。
途中まで血管が通っていますので、切るのはその手前までにしましょう。
嫌がって動く場合は無理に切らないようにすることも大切です。

どうしても嫌がって切らせてくれない、愛犬を傷つけることなく切る自信がないといった場合は動物病院やペットサロンでお願いすればカットしてもらえます。